キャッシング審査について理解しよう

キャッシングの審査とは、わかりやすく言えば申込者の信用調査です。
申込者の信用がキャッシング会社に対し、適正と認められると融資を受けらます。
申し込みの際、この調査が行われます。

キャッシングの審査要素は多岐にわたります。
申込者の勤め先、勤め先の規模や業績、収入と安定度、勤続年数、不動産の有無、利用履歴、家族構成などです。

勤め先は規模も重要ですが業績が悪いと評価はマイナス傾向です。
収入が一定額あり、長期にわたり安定しているほど高い評価を得られます。
勤続年数は、長ければ高い役職についていると考えられ、真面目な人と評価されやすいです。
不動産は主に、持ち家の事で、そのまま貸家より持ち家のほうが評価は高めです。
利用履歴とは、過去のキャッシング・クレジットカードを利用した履歴で、正しく支払っていれば問題ありません。
家族構成での高い評価とは、余裕のある家族構成で、一般的に子供が多いとマイナス評価となりやすいです。

キャッシングには、仮審査と本審査があります。
借り審査は、申し込みに虚偽がないかどうかの軽い確認のような調査です。
本審査は、申込者のあらゆるデータをスコアリングする総合調査となります。

審査と言えば、キャッシング会社からの連絡です。
現在は、キャッシング会社側が企業名を名乗る事は少なく、ほぼ他人に知られる事はありません。
勤め先に連絡が行く場合についても、個人名または異なる企業名で連絡が行くため、知られる心配はありません。
どうしても心配な方は、申し込む前に、申し込み先に相談しておくとよいでしょう。

申し込む前に相手方の調査する内容をよく理解して、スムーズな借り入れを目指しましょう。