キャッシング会社の選び方

キャッシング会社の選び方はいくつかありますが、少額融資のサービスであるキャッシングをカードローンなども含めた大きな枠組みで見るのならば注意をしなくてはいけないことがいくつかあります。
まず、消費者金融などの金融業者と銀行などの大手の金融機関ではサービスに関して適用される法律が異なると言うことです。
基本的に、賃金業者が提供することが出来るサービスには総量規制という規制が適用されることになりますが、銀行法をもとにサービスを提供する銀行ではこのような法律は適用されないのです。
総量規制は融資の枠に関する規制を言いますので、融資を受ける消費者にとっては安全性が極めて高くなるものですのであって絶対に損はありません。
例えば、銀行が提供するカードローンなどでは総量規制が適用されませんので銀行の判断によって融資を行うことが出来るようになりますが、その負担は全て自己責任ということになります。
反対に、賃金業者が提供するキャッシングでは総量規制の枠組みを超えて融資を行うことが出来ませんので、仮に賃金業者がこの規制に反して必要以上に融資を行っていたときには、キャッシングを提供していた賃金業者は行政処分の対象として処理されることになるのです。
当然、消費者には何の非もありません。
このように、同じキャッシングと言っても実は利用する金融業者や機関によっては適用される法律が全く異なるのです。
その点に注意をしてキャッシング会社の選び方を考えなくてはいけません。