キャッシング前に調べておきたいこと:審査に必要書類

キャッシングの審査で用いられる必要書類は2種類あります。

本人確認書類と収入証明書です。
本人確認書類は、運転免許証、保険証、パスポートの中から1種類を選択し提出します。
キャッシング会社によりますが、デジカメで本人確認書類を撮影し申し込み時に添付するケースが多いです。
撮影用のデジカメも用意しておきましょう。

運転免許証は、変更事項がある場合、裏面のデータも必要なため、注意が必要です。
保険証はカードタイプであれば、表面、住所が記載されたデータが必要になります。

また、本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合、個別に提出する書類が必要です。
具体的には納税証明書、社会保険料の請求書・領収書、住民票の写し・記載事項証明書などです。
いずれか1種類、発行日から6ヶ月以内の書類を用意してください。

キャッシングの希望限度額によっては、収入証明書が必要になります。

キャッシングの審査で求められる必要書類は、源泉徴収票、給与明細書(直近1ヶ月または2ヶ月)、市民税・県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書です。
この中から1種類選択して、写しを提出する事になります。
過去のものではなく、直近分が望ましいため、キャッシングを検討中の人は事前に保管しておいてください。
市町村役場によっては、書類の名称が異なるケースが考えられますので、わからない場合は役場に相談しましょう。

キャッシングするためには審査に通る必要があります。
審査に通るためには、必要書類をきちんと用意して、提出しなければいけません。
申し込みを行う前に、必要書類を確認し、不備がないよう準備しておきましょう。